壁下地の工事

LGS(軽量鉄骨)で壁の下地を作っていきます。

電気の配線は壁内埋め込みなので、この時点で施工していきます。

壁付けテレビの為の下地に合板をLGSの間に仕込んでいます。
仕上がった後にテレビ取付け金物をビス止め固定できるのです。

石膏ボードを張っていきます。先ほどの合板は隠れてしまいます。

このあとは、目地やビス部分をパテ処理して仕上材が貼られます。